スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川畑船長の憂鬱

ロノウェのおまけのオリスクですが、正直なんじゃこりゃ、ですね。
ぶっちゃけ一発ネタのつもりんだったんでオチとか何も考えてなかったんです…。
それなのに何故か期待されちゃって…。

もうおまけは適当にほったらかしで
長い1日の続きと、天草EP6出場記念のオリスク作ってます。
長い1日シリーズはは多分次で終わりかな。だってもう夜だし。

あ!夜だからといって戦人とルシのきゃっきゃ!うふふ!なんて書きませんよ!
ニコニコにUPする分にはね…。

まぁ、おまけの方はアップしますが、こっそりにしましょうかね。
作ってて楽しくないよー…ロノウェ…。
だから自然と内容もアレになっちゃうんだよね。

天草は天草かっこよすぎて最高だし
バトルシは

戦人もルシも可愛いすぎるし。

ロノウェ…。すごく…オッサンです…。


まぁ、とりあえずレポート終わったんでフォールアウトしてきますっ。
スポンサーサイト

できた

アップしました。

これでしばらくのんびり?

オリスクUP

すっかり作成わすれていたオリスクですが、さっき完成させましたw
まぁ、ちょっとダレだので長い1日は一旦中断ですね。ロノウェはおまけででます。

分割もめんどくさくてする気ないので20分くらいの若干長い動画になります。

やってしまった!

下の記事で感想書くとかいいつつ忘れてた!!

うーん今回はびもーだった

まぁ、今回の一言は

天草の出番がねぇ!

ですね。もう一言追加なら

源次の顔…ひぃいいぃぃいい><って感じです。
なんか源次だけ酷い顔だった…。

にしても天草がでないだけでここまで評価下がるとは。
でもこれ以降天草がでるとしても六軒島行くときの船だよなぁ。
出番があるようでない天草。

EP6で出てくれないかなー…。
っていうかこれ何回言ってるんだろうね。
多分最終ナンバリングまで出ないだろうしさ…。願うくらい…いいじゃない。

EP6で天草が出たら新年から10連続天草のみの記事。
想う力には魔法は宿る!さらに上のリスクをかけます!!

縁寿と天草に幸せな未来を。

うーん……

うぎゃーー勉強すごくめんどくさい……。
提出期限が短すぎなんですよ。
ほんと、どうにかして欲しいです。

でもやらないとせっかく合格決まったのにいけなくなるしねぇ。
特待生推薦(笑)が。

はやく卒業したいなーこのDQN校。



んじゃぁまぁ、恒例となった気になったオリスク紹介でもしますかー。





ご存知うみねこ学園シリーズパート8ですね。

なんか、ベアトの行動がどっかで見たことあるなと思ったら
うちの母親でウケタwバドミントンやら近所の付き合いやら。

覗き三人組w
縁寿ぇえええ!!貴方は小さい頃散々見てたんじゃないんですかぁ?
しかも戦人ってマンモスだったんだ。ポークビッツだと思ってたよ。
ヱリカだけは本編とキャラ変わってませんね。元が変態なだけに。

風呂は言ってる戦人の髪形が気になる…。あれだけ左右非対称なアシメ。めっちゃくちゃ長いんだろうな。普通にまっすぐにしたら顎とかに届いてそう。

はてさて次の学園ではどうなるやらw







お次はベアバトオリスク


なにこの可愛すぎるベアトw
ルシは戦人の嫁だと思ってたけど浮気しちゃいそう。
本編も最終的にこんな感じのベアトに落ち着くんだろうなぁ。
戦人は多分誰の手にも渡らないと思うけどね。まぁその方が想像のしがいがあっていいけど!


フォールアウト3のほうはなんと!ウィンチェスターライフル手に入れました。
さっそくベルフェを探しに旅にでよう!
そしてローザの如く無双してきます。



あと、今からうみねこアニメ視聴するんで気になったところあったらまた書きます!!

愚痴

ふう!とりあえずニコニコにオリスクはUPできてひと段落だ!

でもちょっとアレな出来事が…。

午前中にオリスク録画し終えてニコニコにUPしてそのあと何もやることなくて暇だなーって思いながらぐーたらしてたんだけど、ふとそういや今XBOXでゴールド会員開放中だなって思い出して
とりあえずやることないしバイオのオンラインCOOPでもやるかって感じでプレイしてたわけです。

そしたら

下手糞はバイオやるな消えろとかいうメッセージが来た…。



んまぁ自分FPSやらTPS結構好きだけど下手なんだよね。だから死にまくる死にまくる。
でもだからってこれは酷い。
軽く泣いたよ。
せっかくオリスクUPし終えてひゃっふーー!!な気分が一瞬で冷めた。
無論反論メッセージは送ってませんが。関わるとやばそうなので。

ってことで今日は気になった動画でも紹介して終わります。






目の色変える嘉音に笑ったww
ちなみにどっちに対して目の色変えたんだろう…。
サタン…朱志香…。




みのさん何やってるの?www





やばっ

今回UPする分できたけど

やばっ!20分とか長い!!!
戦人とルシファーだけなら10分かそこらなんだけどひぐらしも入れちゃったからなぁ。
超gdgdだしね…。これは分けるかぁ…。20分もの動画をいつものビットレートで上げてたら重過ぎるもんね…。
でもできれば一気に見て欲しかったな…。誰か文を纏められる力をください。


あと、

【ニコニコ動画】㈱【うみねこオリスク】静かな午後

このはにゃさんのオリスクw

なんかちょっと前に書いたSSと被ってるネタが少しあって和んだwww
毛布とかメモとかメモとか
いや、中身は全然違うんだけどね。俺のルシはこんな大人じゃないw
ブラックコーヒーなんて飲んだら失神するしwww
それを飲みながら優雅に読書…無理だぁ!

実際自分もブラックは飲めないです…。
勿論酒もタバコも吸いません。未成年だけど。

でもやっぱり大人になっても戦人に毛布をかけてあげるツンドラルシ姉はいいねぇー!!
こういう共通するところを見るとなんだかほんわかしてくるw
ひそかに続きを期待しておこう。

ってかいつも思うんだけどこのゆっくりまったりした雰囲気出すのうまいよなぁ。

When Orisc Cry さんはスピード感すごいし。

見習わなきゃなーーーー

ぐむむむむ



うーーーーーーあとひぐらしキャラのところ終われば完成なんだけどひぐらしキャラの口調とかあまり覚えてないんだよねー。特にミオン。朱志香みたいな感じがするけど だぜ~ なんて
使わなかった気もするし。まぁ他のメンツは口癖が特徴的過ぎるのでそれ入れとけばなんとかなるかもですが!

はぅー みぃー  ですわ!

今思えばすごいなw圭一はまぁ長ったるいことを最初にしゃべらせればいいや。






あと、後ほどとかほざいてたオリスクですが、致命的なミスが見つかったので公開はやめますっ
まぁでもせっかくUPしたのを消すのはめんどいんでそのままにしときますが。
場所は某高画質動画サイトとといえば分かる人にはわかるでしょうか。
ちなみにルシバトはニコニコじゃ絶対あげれないような奴なので。あとジェシカノのやつですね。
嘉音も何気に好きだ。

投稿投稿

二個オリスクUPしました。
まぁそれは後ほど。

まず気になったオリスク紹介でも。
ヱリカの部屋



まず、発想で吹いたwwwwwww
この時点でwktk度エンドレスナイン

そして中身で笑った!

縁寿ぇえええ!数少ない名場面をすべて言われて可愛そうすぎるw
そして怒られる戦人可愛い。やっぱいじられてるのはいいねぇ。

そして徹子の無茶振りがヱリカにマッチしすぎて素晴らしい。
ここまで合うとはww

いやはや、やっぱりヱリカとルシをこれだけ使いこなせるのは偉大です。

自分のルシなんて量産型ツンデレキャラになってるから困る。
魔女の家具とそれに敵対するニンゲンというより
クラスメイトの気になるあの子!みたいな感じになっっちゃてるしw

まぁ、友達感覚の戦人とルシも好きだからいいんですけどねぇ。

さてさて止まってた長い1日の続きでも進めますか。
まぁほとんど出来上がってるんですけどね。

ハッピーバースデー

いや、俺じゃないけど。

今日はかの竜騎士07氏の誕生日だそうです。おめでとうございます。

と、アニメ最新話はやくも見ました!!

一言で言うと七姉妹のお尻最高!!

もう一言追加するなら天草カッケー!!

もうこの二言で今回の話はまとめられますね、うん。
いやーマジ七姉妹はよかったよ。砕け散る所は痛かったけど;;
あと、ルシが二回殺されてたところで不謹慎にも笑った。
ルシはM属性も持っちゃってるからね!一回じゃ満足できなかったんだよきっと。

天草はもう声もカッコイイし、言う事もカッコイイし完璧だろ。
でもアニメで一回もクール言わなかったところが勿体無いよー。
いい台詞なのに。

ローザは個人的に嫌いなので(ネタ的意味を除く)
まぁ、ネタ的にもそんなに好きじゃないですが。
逆に霧江さんは好きー。知的でクールな大人だよあの人は。
天草と霧江さんの絡みがみたいです。


うみねこオリスクの方はなにやら
;;が嫌いな方がいるようですね。自重します。ごめんなさい。
あと、ひぐらしのキャラ入れてくれって要望があったのだけど…。うーんむずいなぁ。

予定とか

うみねこオリスク天草争奪戦その後なんだけど

お抹茶大会とか結果発表とかはもう無理だね…うん。
自分の無計画さに泣いた。そうだよなー後半ノリでかいてたもん。

まぁその代わりといっちゃなんですが、後日談をそれぞれやろうかなと

まず最初にバトルシ。
これは要望があったため。

次はーサタサバ?ベルオコ?
まぁ需要ねぇだろここらへんwやるかわからないですw

天草は誰にしよう。やっぱりアスモ?個人的にアスモは好きなのでそうしたいけどなー。
縁寿にはマモンいるし。

バトルシから始まって〆は天草。 うんこれでいいかな。

バトルシは4編くらいに分ける予定。

まあわりかし

今日初めて本格的なペペロンチーノとやらを食べてみた。

……うまい!!!!!超おいしかった!
見た目は全然味しなそーなのにピリっとした辛みとソーセージの味もあって普通にうまい!
あーあなんでこんなに美味いもの食べてこなかったんだろう。勿体無い。

あと時々車で学校行っててBGMはうみねこの曲流してるんだけど

nighteyesが流れ出すと事故りそうな気分になるwいやまぁ好きだからいいんだけどね。ナイトアイズ。
個人的にdive to emergencyに次ぐ七姉妹のテーマだと思ってる。
個人的にztsさんのは全部好きだー勿論daiさんもいいけどうみねこだったらztsさんが上かも。
cageもいいし、ひだまりもいいし。
てか全部いいねw



あとフォールアウト3の方だけどやっとこさ自室ゲットいたしました…。いやぁ長かったこと…。
普通に最初の爆弾解体をやったらもらえました。
レベルも着々と上がっていっていい感じなんだけど一つ不満点が

すっごいフリーズする!

もう一昔前のSO3ばりに!!
SO3も酷かったけどこれもひどいわー。勘弁してほしい。


追記





まじ笑ったwwwwwww最後やばいww

ありがとうございます。

まずはコメント返信から。

>煉夢さん

天草争奪戦お疲れ様でした~。 ひそかにblogを発見し応援してました。次も待ってます~。




ありがとうございますっ!!
ブログ見つかってしまいましたかw
日記というより駄文の羅列の塊といった方がいい所なので
ニコニコでの紹介は避けてたんですが。それでもコメントありがとうございます!
次UPはいつになるかわからないけれどまぁ気が向いたらやります~。


天草争奪戦その後ss追加。
今はまだオリスクにするのがめんどくさくてSS形式のままです。
そういうのが苦手な方は見ないで下さい。ちなみにまずはバトルシです。
↓↓↓↓











似たもの同士




あの熱い争奪戦から数日後。…いや最後のほうは最早争奪戦ではなかったが、まぁそれは置いておくことにする。
そしてその被害者の一人である戦人は自室にいた。

結局あの後は結果発表もされず全員が強制お抹茶の刑に処されていたのだ。まぁ当然である。

もちろんベアトの目を盗んで二人きりでイチャついていた戦人とルシファーには
霞特性お抹茶よりも遥かに強力な真お抹茶使いの大月教授秘伝の月抹茶が盛大に振舞われていた。
さらにロノウェのコントローラを破壊したこともばれてしまい、ロノウェからもこっぴどくお仕置きをされてしまった。

そして、今その拷問から開放されやっとこさ自室に戻ってきたのである。




ったく…いきなり呼び出されて皆にボコボコにされて参っちまってんのに帰ってきた途端またこれかよ…。体もたねぇって。
しかもルシファーの奴口滑らしてコントローラの事暴露しちまうし…ったくあの馬鹿っ!



まぁルシファーが黙っていてもガァプが伝えるだろう事は確実なので
変に改悪される前にバレたことは不幸中の幸いだろう。
自室に戻ってからそんな悪態ばかりをついていた戦人であったが何故か今度は準備運動でよくある
首回し体操でもやってるかの様にぐるんぐるん首を回しながら部屋を眺めている。




うん。……やる事ねぇな。いわゆる暇というヤツだ。
っつっても今サロンに行くとまた面倒なことになりそうだしな…。
さてさてどうするか……。

そんなことを考えているとくぁぁ…と欠伸が出てきてしまう。
…うん。一眠りすっか!起きたらとりあえずルシファーの所に遊びにでも…。

なんて思いながらソファーにドカッと座り、横になろうとした時、コンコンと軽く扉がノックされた。

「あいよー。開いてるぜー。」
俺はそうドアの向こうにいる人物に軽く叫んだが入ってくる気配はない。

「おーい?開いてるぜー?入ってこいよー!」
するとドアの向こう側から

「手が塞がってて開けれないのよ!開けてっ!」
と怒声が飛んでくる。多分声からしてルシファーだ。
そんなら一回目の時にそういやいいだろうに…なんて思ったがそんなことで下らない事で争いはしたくないので渋々開けに行くことに。

「…ほらよ。」
ガチャリ
俺はドアを開けてやる。

「ありがとう、じゃぁお邪魔するわね。」
そういって両手でおぼんを持ったルシファーが入ってくる。
おぼんの上には二つのコップとそこに注がれたコーヒー。それとロノウェが焼いたであろうクッキー。
こいつが自らこんなことをするなんて珍しい。

「おいおい、いきなりどうしたー?そんなサービス頼んだ覚えはないぜー?」

「別に……少し暇だったから遊びに来ただけよっ!今広場に行くのはいろいろとまずいし。ここしか行く所がなかっただけ。」
とぶっきらぼうに言い捨てる。
なんだかどっかの誰かさんも言ってたような気がするな。そんなこと。 まぁ、俺だが。

もしかして似たもの同士?ってやつなのか?まぁなんにしても話相手が来てくれたのは素直に嬉しい。

「いっひっひ!お前もかよ!俺も丁度暇で暇でちょいと寝ようとしてたところなんだよな~。」

「あら、なら丁度よかったじゃないっ よいしょ…っと。」

コトン

ルシファーはそうニッコリ微笑みながらオボンをテーブルの上に起き、ちょこんと正座をしてカーペットの上に座る。
ソファーに座らないあたりがなんだか律儀だというかなんというか…。まぁそこらへんは長女として躾されていたんだろう。
たしかに勝手に人の部屋に入ってきてソファーやらベッドの上に上がられるのはいい気分はしないしな。

「ってかそれ持ってくるなら一言言ってくれりゃぁ俺も手伝ったのに。一人じゃ重かったろ?」

「馬鹿にしないでよ。こう見えてもあんたの数十倍は力はあるわよ?試しに腕相撲でもしてみる?」

「お!望む所だぜぇ!クラスの腕相撲大会一位のこの戦人様の腕力を舐めるんじゃねぇ~~!!」
そういい俺は腕まくりをしながらルシファーの正面に座り、腕を組み合わせる。

「へっ!今更後悔しても遅いぜぇ~!」

「きっちりそのまま返すわよ。」

ググギギギ

「お…っくっぐ!」
「くすくす。あら?この程度なの?」

「ま、まだまだぁあ……」

俺は渾身の力を込めるがルシファーの腕の位置は最初から数ミリも動いていない。
そしてあっ!っと思った時にはすでに俺の手はテーブルに押し付けられていた。

「っくっそぉおおおおおお!!」

「うふふふふ!その程度で一位なんて笑えるわ!どんだけひ弱な学校だったのかしら。」

「う、うるせぇえええ!お前ら悪魔と比べんじゃねぇええ!」
だがその悪魔に負けたのだが物凄く悔しい。なんたって目の前にいるのは一見見た目は俺と年の変わらないただの女の子なのだ。
事情を知らない普通の人が見たらこれはなんとも異様な光景であろうか。
見るからに大の男が力比べに負けていて、その上さらに相手は可憐な女の子なのだから。

それは一見野蛮な野良猫が室内飼いのお上品な猫に負ける様。

「ってゆうか離せ!いててててて!ギブ!ギブ!」
そういうとルシファーは押し付けていた腕を退け、俺の手を開放してくれた。
我ながらなんとも情けない姿だ。

「いちちち……。」

「はーぁ…。私を押し倒すとか言ってたヤツは何処のドイツだったかしらねぇ~?」
ルシファーは俺の顔を見て嘲笑気味にそう言い捨てる。
俺はこれ以上自分の不甲斐なさをネタにはされたくなかったので、それには答えずとりあえずテーブルの上にある珈琲をグッと飲む。












「………ぶぅー!甘っ!!ってこれコーヒーじゃねぇな?!」
ただのブラックコーヒーだと思って飲んだので予想だにしなかった甘さに噴出してしまった。

「あ、ちょっと!やだっ!汚いわよ!それにそのカフェオレ…私が飲む予定だったんだけどっ」

「いっひっひ!悪い悪い。んでもよ何でカフェオレ?」
俺はそう疑問を抱きながらテーブルに零れたカフェオレをふき取る。
「べ、別に理由なんてないけど…。…ただの気分よ!」
なんか動揺してるぞ、怪しい。
すこしからかってやるか。

「いっひっひ!お前実はコーヒー飲めないんだろぉ?砂糖が沢山入ったあまぁーいコーヒーしか飲めないんだろぉ?」

「なっ?!そんなわけないでしょ!煉獄の七姉妹の長女ともあろう私が砂糖などそんな甘ったるいもの入れるわけがっ!!」

「ふーん、じゃぁそのコーヒーをどうぞ~。俺は甘い甘いカフェオレで結構ですので~。」
もう一方のコップに注がれているのは色からして明らかにブラック。いっひひ、さっきの腕相撲の仕返しだ。

「ぐっ……。」
思いっきり顔をしかめるルシファー。
実にわかりやすい。

「ほらほら、飲まないのかぁ?せっかくの美味しい珈琲が冷めちゃうぞ~!」

「っく!飲むわよ。飲めるわよ。これくらい飲めるんだからぁああああ!!」
そういってルシファーはゴクゴクゴクとコップ一杯に入ってた珈琲をすべて一気に飲み干してししまう。
おいおい…大丈夫か…。

「ど、どうよ…珈琲なんて…どうってこと…ないんだからっ…」
ルシファーは涙目になりながらそう俺に言い

「あぁ…おいし…かった…わっ」



ガクッ


そのまま倒れてしまう。

「お、おいルシファー?!大丈夫か!!」
飲めない癖になんて無茶をするんだ…こいつは…。
揺すってみるが起きる様子はない。






………これ、俺の所為か。





とりあえず倒れてるルシファーをそのままにするわけにもいかねぇな…。かといってベッドがあるわけでもねぇし…。
…膝…か。まぁ誰も見てるわけがねぇしまぁいっか……。
俺は倒れているルシファーの横に行き正座をする。そしてルシの頭を持ち上げて俺の膝に乗っけてやる。
快適とは言い難いが、まぁ地面を枕にしてるよりはいくらか快適だろう。
しかしこんな状況、万一でも他の誰かに見られたらやべぇな…。
そう思い鍵を掛けに行こうと立ち上がった瞬間

ゴンっ!!

俺の膝の上に乗っていたルシの頭が滑り落ち、思いっきり床に叩きつけられていた。

「…ぷっあっはっはははははははははは!!っといけねぇいけねぇ笑っちゃいけねぇぜ。でもくく…あっははははは!」
悪いとは思いつつも笑いが止まらない。すまない。ルシ。タンコブできたかも。

そして鍵を掛け終わり再び膝の上に乗っけてやる。そしてルシの頭をよくみると…やはり小さなタンコブが出来ていた…。
ほんとにごめん、ルシ。
しかもこの時気づいた。普通にソファーでいいじゃん。

……しかし俺も男。女の子を膝枕してやれる経験なんてそうあるもんじゃない。っていうかあっちゃ駄目だ。
俺は黙って欲求に身を任せることにした……。


……それにしても…こいつは…。
俺は膝の上に乗っかっているルシの顔をまじまじと覗く。
整った顔立ちと綺麗な黒髪。顔と髪だけで言えば和風美人だ。まぁ服装は和風のわの字もでない様なセンスなのだが。
しかもこれだけ綺麗なストレートなのだから毎日手入れは欠かしていないのだろう。そしてその髪からほんのりと漂ってくるいい香り。
やはりいくら凶暴で悪魔でもこいつは女の子なんだなと感じる瞬間だった。

黙ってれば可愛いボインちゃんなんだけどなぁ~。
そんなことを思い耽り、ルシの顔を見ていると

こくり
こくり

と睡魔が襲ってくる。

まぁ特にやることもねぇし…このまま俺も夢の世界に旅立つか…。











































「……ん。ふぁーあ…。あ、やべ、マジで寝ちまってたか。ってあれ?ルシは?」
あの後から結構な時間が経っていたのだろうか、時計は17時を指しニンゲンの世界でいう
夕暮れ時になっていた。

俺が起き上がると俺の膝の上で眠っていたはずのルシの姿がない。
もう先行ったのかな?

「って、ん?俺毛布なんて掛けてたっけ…。」
いつの間にか俺の膝の上には毛布が掛けられていた。
誰が?と思ったがまぁこんなことできるのはあいつしかいない。
ったく余計なことすんなって…。

なんて思いながらも少し顔が赤くなる俺…。クールになれ。


ばさばさ


その微妙に照れくさい気分を紛らわす為に毛布を少し乱暴にはらう。すると毛布の中に入っていたであろう一通のメモ用紙が落ちてきた。

「ん、なんだこれ?」
そこにはこう書かれていた。




『まったく!余計な事しちゃってっ!あんたが私の頭に触れようなんてなれなれしいのよっ!……あっその毛布は風邪引くと悪いから
かけておいただけっ!別にあんたのためってわけじゃないのよ!ただ…ほっといてあんたが風邪を引いたら
私がひかせたみたいで嫌じゃないっ!それだけよ! あとこのことは誰にも言わないこと。  るしふぁー。』




「ぷっ!あはははは!なんだこれ!変なヤツ!」
俺は何もいってねーってのに自分で全部語ってやがるっ!
まぁでもルシファーらしいかなとは思う。実際俺も同じことをされたら同じことを返す自信がある。
っていうかさっきそんなこと誰かが言ってたような気が…。

………似たもの同士…か。


ってなぁに言ってんだ俺!とりあえずルシにお礼でも言いにいくか!
素直に受け取ってくれるとは到底思えねぇけどなっ、いっひっひ!



「さぁーってサロンへ行くかぁ~!」

そう誰に言うのでもなく叫び、うーんと背伸びをし部屋のドアを開けるのだった。




お終い















終わりです。
いやぁー書いてて楽しかった。
やっぱ戦人はいじりやすいんだよねいろいろ。
対するルシファーもツンデレなんだけどなりきれてないっていうか…なんというか…
戦人も素直じゃないんだよねー。

でも物凄い恋愛フラグに気づかない鈍い戦人もいい気がする。
ものすごい似合ってると思うこの二人は。

バトルシは王道!!
でもこれだとルシバトなのかな?

まぁどっちも好きだ!!
天草ももう少し描写があればいろいろ書けるんだけどね。
まぁうみねこ万歳。

よく考えると

いやよく考えなくてもカットしすぎだよ、アニメうみねこ
もしあれで七姉妹拒絶シーンが終了だったら見るのをやめよう。
この分じゃラストも全然期待できない。

ひさしぶりに見たけどやっぱいいねーこれは。



やっぱEP4未来シーンは淡く切ない所がいいのに……。
皆縁寿の未来シーンは余計とか言ってるけど俺は好きだ……。もちろん最後のメタ世界シーンとかも好きだけど…。
皆でしりとりとかしてるところとかほのぼのまったりしてて最高だよね。
また未来シーンやらないかなー…。できれば天草はいいヤツであって欲しいけど…。
(株)の人のオリスクとかマジで癒し。見てるだけでほんわかしてくる!

それと天草争奪戦はちゃんとおまけも作るかどうか悩むなー。結果発表とかお抹茶とか
期待してる人いるんだろうか。

あうつ

うぉー何気にレポート提出がやばいことに気が付いた。
明日提出なのにあと3つ…!!

これはフォールアウトなんて買ってる場合じゃなかったああああああ!
さらに天草争奪戦はなんか…もう微妙というか…自分で作ってて…つまらん。
やはり見る側に写ろうかなぁ。皆面白いし。
でもとにかく最終話だけはUPしなければ。もしかしたら楽しみにしてる方が一人でもいるかもしれないし。
最早最初で言ってたゲージとか忘れ去られてるけどw
まぁぼちぼちがんばろう。

ほむほむほむ

えぇええええええええええ?!!?!!!
天草!お前!?!?ロン毛だったの?!!!!
なんか襟足から尻尾がピョコっと生えてるんですけど!
天草十三
画像でかいけど!
左上のはひゃっはぁ!クールって言ってるとこだよね絶対。
かっけえええええええええええええええ!!!
でもズボンだっせぇ。
髪解いた姿も見てみたい。

そうだきっとEP8らへんでは縁寿をかばって結んでる紐が解けてバサッっと長髪になった天草が
見れるわけだな。
黒幕黒幕言われてるけどマジでそれはやめてほしい。
もし黒幕だったら自分のオリスクほぼボツになっちゃう

ほ む

ついに……!小此木を出現させてしまった…!

あはっ

おおおおお

志望してた学校合格しました。

おめでとー♪俺。
これでね、もう何も憂いは無しで自由気ままに過ごせる!
まぁ今までもそんな感じだから変わんないけど。

天草争奪戦オリスクは…
今別のうみねこオリスクに手を出し始めたらなんだかモチベが…。
さらにその作品もモチベが…。
いや、やれば楽しすぎて作りすぎちゃうんだけどね。
作ってるときはまさにヘブン状態。

そういや最近ゲームしてないなー。
オリスクがゲームって言われたらそれまでなんですが、家庭用ゲームをしてない気がする。
箱のスターオーシャン4安くなったら買いたいなー。
発売前から欲しいとは思ってたけどイマイチ手がでず…。
まぁ合格祝いに親からなんか買ってもらおう。そうしよう。

ついでにオススメオリスク
㈱【うみねこオリスク】【EP5ネタバレ】赤き真実

後半で泣いた
あと戦人のテーマの使い方がうまい。
俺もあれは好きなんだけど有効活用できぬぇー。
あと、無能のテーマって言い方は好きくないです。
10 | 2009/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

KI

  • Author:KI
  • 俺は大好きだぁーーーーッ!!!!  (渚が)
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも一覧

僕の歩き方
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。